カービューで事故車や不動車の査定をして買取してもらおう!

あなたは過去に事故車や不動車を持っていたということはありませんか?

実はその事故車や不動車を買取したい車の買取業者は増えています。

そのため、車を処分してお金を払うよりも、事故車や不動車を買取してもらった方がお得になる場合が多いです。

そんな事故車や不動車を査定できるサイトとして、カービューという車買取一括査定サイトがあります。

カービューでは、事故車や商用車の車の買取に対応している車買取業者を見つけ出して査定してもらうことも可能です。

では、事故車や不動車とはどういった定義から成るものなのでしょうか?

事故車や不動車について説明していきたいと思います。

事故車とは

事故車は修復歴がある車の俗称で、自動車業界では修復歴車と呼ばれています。

交通事故などで損傷を受けた車両全てを事故車と呼んでいるようですが、正確ではありません。

修復歴車の定義は、骨格部位などを交換、または修復したものが修復歴車になります。

骨格部位の例

1.フレーム
2.クロスメンバー
3.インサイドパネル
4.ピラー
5.ダッシュパネル
6.ルーフパネル
7.フロア
8.トランクフロア

交通事故や災害などで、修復歴がある車は商品価値の下落が見込まれるため、修復歴車という扱いになります。

そのため、査定買取をしてもらう場合でも査定価格が下落しての買取になってしまいます。

しかし、異なる考え方をするとこれらの部位以外を交換や修復していたとしても、修復歴車という扱いになりません。

不動車とは

不動車は何らかの理由で動かなくなってしまった車の総称です。

不動車は、事故や故障、水没などによる車そのもののダメージによるものと、車検切れによる手続き上のもののことを指します。

車は動かなくなっても、何もしないと確実に税金だけは加算されてしまうので注意しましょう。

不動車は処分するためにお金がかかってしまうということを考えてしまいがちですが、最近では不動車を扱う車買取業者の方も増加しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です